>  > 高級デリヘルで勤める女性の給与

高級デリヘルで勤める女性の給与

高級デリヘル店でキャストに支払われる給与についてですが、色んなお店の求人サイトを見ましたが大体1回の売り上げの55パーセントが給与になるようです。指名料はそのまま100パーセント入ってくるようですが、月にいくら稼げているのか計算してみました。例えば高級デリヘル店の場合で60分¥40,000で指名料¥2,000だった場合、¥40,000の55パーセントなので¥22,000と指名料の¥2,000で¥24,000になります。お客さんを1回相手にするだけで¥24,000入ってくるのは非常に高収入ですよね。¥22,000のうち45パーセントがお店に入ってくるのでお客さん1名で¥18,000の売り上げになります。仮に1日20名のご利用があった場合、日商¥360,000となります。デリヘル店は基本的に定休日などはなく、年末年始以外はどこも毎日営業しているので30日間で計算すると月商¥10,800,000となりお店側もかなりの売り上げになります。単純計算ですが月商に12ヶ月をかけると、年商¥129,600,000と1億円を超える金額になります。この売り上げの半分が税金で取られてしまったとしても、年商¥64,800,000で十分収益を得られている状況になります。逆に大衆店だった場合、1回60分¥10,000で同じマージンだとすると、¥5,500がキャストの取り分になります。店舗には¥4,500で1日20名の利用で\90,000で週7日で¥630,000で4週間と考えると¥2,520,000になります。月商¥2,520,000で年商は¥30,240,000になります。税金で30%持っていかれたとしても約¥21,000,000の利益になります。これを高級デリヘル店で比較すると年間約¥40,000,000の違いが出ます。これだけの差額がでてしまうのは高級デリヘル店だからこそです。高級デリヘル店の中には比較した料金よりも更に高額なサービス料で運営している高級デリヘル店もありますので更に稼いでいるお店もあるかもしれません。上記の計算は繁忙期や閑散期などの時期は関係なく計算しているのでほとんど参考になりませんが、あくまで継続して売上が合った場合の見込みですので参考にはしないほうが無難です。しかし、高級デリヘル店がいかに大金を稼いでいるのかが良く分かりました。大衆店の場合もなかなか稼げていると思いますが、高級デリヘル店のように客単価が高いわけではないのでそんなに稼げませんが、大衆店も安いからこそ客数を稼いで高級デリヘル店に負けないくらい稼げるチャンスはあると言うことです。

[ 2015-10-09 ]

カテゴリ: デリヘル体験談

高級デリヘル【W STYLE(ダブルスタイル)】